東北エプソン株式会社

東北エプソン株式会社

会社概要

当社は、セイコーエプソングループの国内最大規模の中核製造拠点として、プリンター事業と半導体事業を展開しています。
キーデバイスの開発・製造拠点として、独創的な物づくりを構築するため、一人一人が志を持ち、自らの強みを磨きながら未来に挑戦している会社です。

将来のビジョン

東北エプソンは1985年に山形県庄内地方に設立されました。東京ドームの12倍を誇る広大な敷地の半分は緑地。素晴らしい自然環境に囲まれています。2015年には設立30周年を迎えました。時代の流れとともに市場は急激に変化。お客様のニーズも変わり、海外との競争も激化する厳しい環境のもと、更なる高みを目指し成長し続けています。主事業であるプリンター・半導体事業を大切にするのはもちろん、『東北エプソンだけでしかできない技術』を確立し、確かな技術力を持つ企業へと進化する―。コア生産技術・製造技術を発信していく、日本・世界になくてはならないマザー工場化を目指し、世界最先端の事業を展開していきます。

企業の強み

当社は技術開発や製造を行う「ものづくり」に強い会社です。QCD(クオリティ、コスト、デリバリー)を高め合理化提案できるよう、次の領域を強化します。
◆省人化:FA(ファクトリーオートメーション)分野機械や情報システムで数値制御し、製品の加工・組み立て工程等を効率的に自動化を推進します。
◆固有プロセス:半導体技術、デバイス、プロセス等より小さく、軽く、高性能に。基本構造を考え工程を策定、処理を最適化します。
◆機構・機械設計:ロボット系分野ロボット、FA等の制御系、材料系の技術開発に取り組みます。

業種 製造業
事業内容

半導体(C-MOS・LSI)、インクジェットプリンタ用ヘッドの技術開発・製造

資本金 1億円
設立日 昭和60年1月
代表者 代表取締役社長  外山 義信
所在地 酒田市十里塚字村東山166-3
電話番号 0234-31-3131
URL http://www.epson.jp/tohokuepson/
従業員数 2,114名
会社(人事担当)から一言

当社が求める人材像は、◆ものづくりへの情熱がある人◆創造と挑戦の姿勢を持っている人◆お客様視点で考え信頼を得るよう務める人◆社会的責任を考えて行動できる人。
学生時代の専攻や希望を尊重して配属先を決めていますが、皆さんには会社を支える人材になっていただくため、様々な経験を積んでもらいます。
就職にあたり、譲れないポイントを持ちつつも、間口を広くして、いろんなことにチャレンジする意欲を持ち合わせた方の応募を期待しています。



特集記事 先輩へのインタビュー
先輩へのインタビュー

企 業 名:東北エプソン株式会社

お 名 前:山﨑 秋雄(ヤマザキ アキオ)さん

入  社:2018年4月1日【4年目】

所属部署:IC技術部  ※所属部署等は取材時点のものです。

企業紹介

東北エプソンは、1985年の創業以来、エプソングループにおける国内最大規模の製造拠点として、さまざまな商品の製造を担うとともに、ものづくりを支える基盤技術・生産技術を培い、多くの人材を育ててまいりました。
この、ものづくりの基盤を元に、社員が志を高く持ち一丸となって独創的なものづくりの進化を実現し、今後もお客様の期待を超える商品やサービスを提供してまいります。そして、私たちのものづくりを通して、お客様価値の創造ならびに地域の発展と社会への貢献を継続し、なくてはならない会社であり続けたいと考えています。

担当している業務

半導体製造プロセスに関わる業務全般を担当しています。半導体の工程は多岐にわたっておりますが、工程の最適化をするのが主な業務です。微細なものを扱っているので、少しの変化も見逃せません。そのため、不具合が起きた場合の原因究明や、解決などが私の役割です。

先輩へのインタビュー

Jターンをした理由

私は長野県の出身で、関東の大学を卒業しました。就活をする時には、勤務地にこだわりはありませんでしたが、大学時代に都会で生活していた経験から、地方勤務のほうが向いていると感じていました。ものづくりができるところで、企業を探しているうちにこの会社にたどり着きました。面接でこちらに来た時に、山と海に囲まれて自然のあるよいところだと感じました。

会社を選んだ理由

ものづくりという観点から企業を調べていく中で、エプソングループは面白いものを作っていて、微細加工技術力が高い会社だと感じました。プリンターのコア部品であるインクジェットヘッドの製造には精密な技術が必要です。このインクジェットヘッドの製造拠点として、その製造プロセスの自動化を推進しており、高い技術力が経験できると思いました。また、自然豊かな住環境で働けるというところも魅力的でした。

先輩へのインタビュー
先輩へのインタビュー

実際に働いてみて

大学時代に研究してきた内容と直接的つながりがなかったため、入社当初は自分にできるだろうかという不安がありました。しかし基礎の部分から丁寧に教えていただき、きめ細かな教育制度があることがありがたかったです。
また、様々な部署や異なる立場のメンバーと連携して業務を進めていきますが、日々多くの方々と業務ができることが、大きな成長につながっています。

仕事のやりがい・今後の目標

私の従事している仕事はいわゆる定型業務といわれる部分があまりありません。毎回違う仕事を任せていただくことが多いため、大変なことも多いのですが、それ以上に学ぶところが多く、大きなやりがいを感じています。半導体という分野は一人前になるまで最低5年はかかるといわれている難しい分野です。今は先輩方に教えていただきながら仕事をしていますが、今後は裁量権をもって業務ができるようになるのが今後の目標です。

先輩としてのメッセージ

これから就職をされる方には、自分の好きなものを大切にしてほしいと思います。また、今は、移動が制限されて自由に出かけることがままならない世の中ですが、就職した後の生活を想像してみることも、良いのではないかと思います。

取材:2021年9月