株式会社伊藤熱処理

株式会社伊藤熱処理

会社概要

株式会社伊藤熱処理は、「イネツ」の愛称で親しまれ、「鐵に魂を入れる」のスローガンを会社外壁に大きく掲げる総合熱処理工場です。

将来のビジョン

現在の自動車部品や建設機械部品等の熱処理を軸に、今後はNadcapを取得し、航空・宇宙分野の熱処理を確立して行きます。

企業の強み

最新式の設備を有し、正社員全員が熱処理技能士の国家検定の資格を取り、数多くのメーカーより認定書を頂いていることから、需要先の高度な要求に対応出来ることです。

業種 製造業
事業内容

1.金属製品の熱処理加工(自動車部品・産業機械部品・電気機器・ミシン・編み機・油圧機器・建設機械・農業機械・事務機器など、あらゆる分野の金属部品の熱処理)
2.金属製品の表面処理加工(黒染)

資本金 3,880万円
設立日 昭和39年3月
代表者 代表取締役社長  伊藤雄平
所在地 山形市銅町一丁目8番38号
電話番号 023-622-9452
URL http://www.inetu,jp/
従業員数 82人
会社(人事担当)から一言

求めている人材は、鐡のように鋭い向上心や、粘り強い芯をしっかり持っている人です。

www.labor.yamagata.jp
株式会社伊藤熱処理 の関連記事
https://www.labor.yamagata.jp/archives/1302
外部サイト「WEB労働やまがた」の「山形いきいき子育て応援企業」にジャンプします


特集記事 先輩へのインタビュー
先輩へのインタビュー

企 業 名:株式会社伊藤熱処理
名前(読み方):吉田佑真(ヨシダ ユウマ)さん
入社:2013年4月
所属部署:管理部営業課
※所属部署等は取材時点のものです。

企業紹介

株式会社伊藤熱処理は「イネツ」の愛称で親しまれ、「鐵に魂を入れる」のスローガンを会社外壁に大きく掲げる総合熱処理工場です。自動車部品や建設機械部品等の熱処理を軸に、今後はNadcapを取得し、航空・宇宙分野の熱処理を確立して行きます。

担当している業務

生産計画の確認、管理業務が中心で、県内外の顧客訪問や新規顧客の開拓のため、月に数日、秋田や福島など県内外をまわっています。

先輩へのインタビュー

Uターンをした理由

天童市で生まれ育ち、神奈川県の大学へ進学しました。神奈川での生活は楽しかったのですが、人が多いのが苦手でしたね。毎日が目まぐるしく過ぎていき、今思えば心にゆとりがなかったように感じます。
就職活動を始めるにあたって、働くならやっぱり地元がいいなと考え、Uターンを決めました。

会社を選んだ理由

就職活動の際は、就職支援サイトに登録をしていました。加えてハローワークでも情報収集をしていたところ、新卒募集をしていた当社を見つけました。
地元天童からも通いやすい場所であったこと、車の部品を扱っていることから、大学で学んだ車や機械など動力関係の知識が活かせるのではと考え、応募しました。

先輩へのインタビュー

実際に働いてみて

ものづくりの大変さを日々痛感しています。大学時代に学んだこと以上に、実際に仕事をしながら学ぶことの多さに驚いています。先輩の仕事を見真似て、自分に足りない経験値を上げるよう努力しています。忙しい時期が集中するので、いかに効率よく業務を行うかという工夫が必要ですね。

仕事のやりがい・今後の目標

お客様からのご要望、例えば「納期を早めてほしい。」といったことに、うまく応えることができた際、「ありがとう!」と言っていただけると、とても嬉しくやりがいを感じます。
今の部署は営業課なので、新しいお客様の開拓にも力を入れています。大きな売上につながるお客様と出会えるように、笑顔でがんばっていきたいと思います。
管理部に入って3年。経験も少ないので、今は上司から手とり足とり指導を受けています。良いところを盗みながら、学びを深めていきたいと思います。

先輩としてのメッセージ

東京など都市部での生活は、給料面やレジャー面で山形よりも魅力的に映るかもしれません。しかし、私は地元での暮らしをおすすめします。家を建てる時も、静かで暮らしやすい立地を選べますし、気のおけない友人や、わかりあえている家族が近くにいるという安心感は地元ならでは、ですよね。
大学では自分のやりたいことをさせてもらったので、これからは両親の傍で、何かあればすぐに手助けできる距離に住んで、親孝行をしていきたいと思います。

取材:2019年4月