株式会社 山形銀行

株式会社 山形銀行

会社概要

総預金残高/2兆6,659億78百万円
総貸出金額/1兆7,481億10百万円
自己資本比率(国内基準)/10.38%
(上記指標はいずれも2021年3月末時点)

将来のビジョン

総預金残高/2兆6,659億78百万円
総貸出金額/1兆7,481億10百万円
自己資本比率(国内基準)/10.38%
(上記指標はいずれも2021年3月末時点)

企業の強み

当行の強みは、「地方創生に向けた主体的な取り組み」。
地方創生の特命チーム「山形成長戦略推進室」での取り組みは、鶴岡・上山・米沢など、県内各地の街づくりに新たな活力とエネルギーを与えています。2020年4月に開業した子会社「TRYパートナーズ」は、地域商社事業とコンサルティング事業の2つを軸に、お客さまの営業活動をサポートしています。全国的にも注目度の高い「金融機関主導による街づくり」。民間だからこそ成しえる地方創生のカタチがここに!

業種 金融業,保険業
事業内容

普通銀行業務
(預金、貸出、内国為替、外国為替、その他の付随業務)

資本金 120億円
設立日 明治29年4月
代表者 取締役頭取  長谷川 吉茂
所在地 山形市七日町三丁目1番2号
電話番号 023-623-1221(代表)
URL http://www.yamagatabank.co.jp/
従業員数 1,232名(2021年3月末時点)
会社(人事担当)から一言

私たちが大切にしているのは、地域のため、お客さまのため、そして自分のために働くこと。

「やまがたの未来を築いていきたい」という想いと、お客さまからの「ありがとう」が私たちの仕事の原動力です。
山形県経済を背負う責任がある以上、決して楽な仕事ではありませんが、5年後、10年後、自分を顧みたとき、プライドを持って、自分らしい仕事ができたと少しでも思えるかもしれません。
たくさんの出会いや繋がりの中で、自己成長できるのが銀行の仕事。
やまがたをもっと活気のある街にしたい
やまがたの魅力をもっと広げたい
もっと魅力溢れる人間になりたい
新しい自分に出会いたい
そんな熱い想いをもった方々と出会えることを楽しみにしています。



特集記事 先輩へのインタビュー
先輩へのインタビュー

企 業 名:株式会社 山形銀行

お 名 前:大島 沙来さん

ヨミガナ:オオシマ サラ

入  社:2016年4月【1年目】

所属部署:本店営業部 営業課

企業紹介

当行は、地域社会・地域経済の発展に貢献することを使命とし、次の経営理念を揚げております。「地域とともに成長発展し すべてのお客さまにご満足をいただき 行員に安定と機会を与える」。

担当している業務

営業課という部署で相談窓口の業務を行っています。口座の開設やお客さまの名義変更、住所変更などを行う業務です。その他にも相続及び預金についてのご質問やご相談、資産等に関するご相談などにもお応えする業務を行っています。

先輩へのインタビュー

Uターンをした理由

大学に進学するまでの間はこの地元山形で色々な方々に支えていただきました。就職するにあたり地元を離れ他に出てしまうのではなく、今まで支えてくれた方々のためにも地元で働くということが自分のモチベーションを上げていく事になると考え、Uターンを決めました。

個人的な意見になりますが、山形に帰って来た時に思っていたことがあります。開発などによる街並みの風景などの変化を寂しがるのではなく、変わっていく風景の中で山形に住み、変わっていく山形の変化を楽しみながら山形の発展に少しでも貢献したいと思い、地元での就職を希望しました。

会社を選んだ理由

当行は地元に根付いた企業ということ、そのためお客さまとの関係を深く、そして長く築けるのではないかと考えました。そのような関係性を築くことで、今まで自分を支えてくださった方々のために働けるではないかと考えこの会社に決めました。

また、学生時代には『山形銀行』を利用する機会があり、その時の窓口の方の対応に感銘を受けました。そんな方々と働くことができたらいいなと思っていました。

先輩へのインタビュー
先輩へのインタビュー

実際に働いてみて

学生時代では体験出来なかった新しいことを覚えられる嬉しさもありますが、仕事を早く覚えなくてはという思いであっという間に約1年が過ぎました。業務の中でわからないことや不安なことがあった時には、上司の方や先輩の方々が優しく教えてくれます。親身になって相談も聞いていただけます。相談を聞いていただけることで意欲的に業務を覚えていこうという姿勢で仕事に取り組めます。とても働きやすい環境なので感謝しています。

仕事のやりがい・今後の目標

窓口の業務ということでお客さまと直接お話しする機会が多くあります。お礼の言葉や、近くに来たので「顔を見に来てみた。」などの声をお聞きすると嬉しいですし、そんな時にはやりがいを感じます。

お客さまのために少しでも役にたてるように、銀行員として幅広い知識を身につけ、お客さまのニーズに合わせた様々なご提案が出来る様になる事が今の目標です。

先輩としてのメッセージ

自分の目指す職業が決まっている就活生の方や、特に決まっていない就活生の方も色々な業界を見ることが大事ではないかと思います。同じような企業でも、会社によって個性が全然違うと思います。その中から自分に合う企業を選んでほしいです。

やりたい事が決まっている方でも他の業界や企業に目を向けることで、視野が広がり本当にやりたいことが見つかると思います。

山形にもたくさんの企業があります、業界にこだわらず色々な企業に実際に足を運んでほしいと思います。就活の際の体調管理には十分に気を付けて頑張って下さい。

取材:2019年4月