山形おきたま農業協同組合

山形おきたま農業協同組合

会社概要

山形おきたま農業協同組合は、平成6年4月に置賜地区3市5町の10農協が合併し誕生しました。
山形県の母なる川「最上川」の源流を抱く置賜盆地は、南に吾妻連峰、西に飯豊、朝日の山並み、東に奥羽山脈が連なり、冬の間に降り積もった雪は、春になると雪解け水となりおきたまの大地を潤してくれます。この雄大な自然が四季を通じて様々な農畜産物を育んでくれます。
東洋のアルカディアといわれた置賜地域の豊かな自然と大地を守り、命と心が育まれるこの地域の振興のため、地域に根ざした事業活動を通して、地域の発展に取り組んでいます。

将来のビジョン

「健全なJA運営こそ組合員の最大の利益となる」の信念の下、次代を見据えた経営基盤強化のための改革に取り組み、今後も地域にそして組合員に必要とされるJA山形おきたまを目指して参ります。

企業の強み

日本三大和牛のひとつにも数えられる「米沢牛」、肥沃な置賜盆地の恵み「おきたま米」、日本一の生産量を誇る「デラウェア」をはじめ全国に誇れるおきたまの農畜産物、農業を柱に地域貢献に取り組んでいます。

業種 複合サービス事業
事業内容

JA事業全般(信用・共済・販売・営農指導・購買・福祉事業 他)

資本金 45億7,200万円
設立日 平成6年4月
代表者 代表理事組合長   若林 英毅
所在地 山形県東置賜郡川西町大字上小松978-1
電話番号 0238-46-3111
URL http://www.okitama-yt-ja.or.jp/
従業員数 665人
会社(人事担当)から一言

『求める人材』
・コミュニケーション能力が高くチームワークを尊重できる人
・広い視野と倫理観を持って業務を遂行できる人
・常に問題意識と情熱を持って自発的に行動できる人