酒田共同火力発電株式会社

企業情報
酒田共同火力発電株式会社

会社概要

石炭を燃料とした発電設備(出力35万kW)を2基保有し、火力発電による電気の卸供給をしています。
年間の発電電力量は、山形県で消費される年間の消費電力量の約50%を担っています。

将来のビジョン

「地域と共生するエネルギー企業」を企業理念に掲げ、石炭をエネルギー源として電力の「安定供給」と「環境適合」ならびに「経済性」の同時達成を目指し、低炭素社会実現へ向けた発電事業を展開します。また、その中で地元企業との連携や、地域交流・環境保全諸活動を通じて地域との共生を図ります。

企業の強み

当社は、会社設立から約40年間に培われ継承されてきた高い技術力で、安くて品質の良い電気の安定供給を通じ、皆さんのライフラインを支えるという「使命感」を持ち業務を行なっています。併せて、地域貢献の一環として「酒田まつり」への参加や仙台フィルハーモニー管弦楽団コンサートの開催および酒田北港周辺の清掃活動等を通じ、地域と共に生きることで、地域社会から信頼される企業を目指しています。

業種 電気・ガス・熱供給・水道業
事業内容

火力発電による発電事業

資本金 25,500百万円
設立日 昭和48年4月
代表者 取締役社長  千葉 秀樹
所在地 酒田市宮海字南浜1-19
電話番号 0234(34)2321
URL http://www.sakata-power.co.jp/
従業員数 109人
会社(人事担当)から一言

当社は発電事業を営むことから「電気」のイメージが強くありますが、発電所には多くの機械設備があり、その設備を支える技術者は機械系出身の方が多く働いています。

働き方改革の取り組み

フレックスタイム制度と時間休暇制度を導入しています。